婚 Bridal


挙式のスタイルは様々ですが、幸せなカップルの門出を祝う気持ちに変わりはありません。華やかにドレスアップして参列し参列しましょう。

招待されたら

結婚式への招待状が届いたら2~3日中に返信ハガキを出すのがマナー。すぐに出欠が決められないときは、電話でその旨連絡して期日までに返事を出しましょう。

招待状の返事の書き方

招待状の返事は、出席・欠席のどちらかと住所や氏名の上の「御」や「芳」を消します。宛名の下の「行」は「様」に訂正するのもお忘れなく。また出欠にかかわらず、余白部分には「おめでとうございます」などのお祝いのメッセージを。出席の場合はお礼の言葉も書き添えて送りましょう。

letter

お祝い品を贈る時は

結婚のお祝い品は「切れるもの」包丁やハサミ、「割れるもの」陶器や鏡などはタブーとされています。しかし最近では、陶器やグラスなどは結婚祝いの人気の品になっているので、相手に喜んでもらえるものを第一に考えて贈りましょう。

セットで贈る場合の数は奇数が良く、四や九は避けましょう。贈るタイミングは、招待状を受け取ってから式までの間でなるべく早めがベスト。式当日、会場に持っていくのは控えましょう。

お祝い金の渡し方

ご祝儀に包む金額は、披露宴1人分の料理の相当額が目安といわれてますが、新郎新婦との関係や舞台となる会場も考慮して決めましょう。

ご祝儀のお札は新札が原則。ご祝儀袋には、お札の人物の顔が表の上部にくるように入れましょう。中袋の表には「金参万円也」などの金額を明記し、裏には自分の住所と氏名を書きます。これはもらった側が、誰がいくら包んでくれたのかがわかるようにするためです。

ご祝儀袋は、さらにふくさか小さめのふろしきに包んで、渡す直前に取り出すようにしましょう。

挙式当日

結婚式の当日は時間に遅れたり、泥酔したりすることのないように。その場にふさわしい服装や気品のある立ち振る舞いを心がけ、ふたりの門出を祝福しましょう。

出席者の服装

まず、主役はあくまでも新郎新婦ということをお忘れなく。式に参列するなら肌の露出の少ない落ち着いたデザインのものを選びましょう。披露宴では、無地のワンピースやスーツが基本です。ドレスアップする場合は花嫁より派手にならないよう気をつけましょう。また純白は花嫁の色なので、白っぽいドレスは避けるのがエチケット。身内の結婚式の場合は親族に準じた服装を心掛けましょう。

披露宴でのマナー

結婚式当日は定刻30分前に会場に着くようにし、開宴15分前までには受付へ行きましょう。受付の人にお祝いの言葉やお礼を述べ、新郎新婦のどちらに招待されたかを告げます。

ご祝儀袋は正面を相手方に向けて差し出しましょう。事前にお祝いを贈っている場合はひとこと断ってから芳名帳に署名をするだけでだいじょうぶ。

控え室では、初対面の人とも挨拶を交わし、開宴まで和やかな雰囲気で過ごしましょう。

会場の入り口で新郎新婦や両親が出迎えてくれる場合は、お祝いとお礼の言葉を忘れずに。席に着くときは、同じテーブルの人にあいさつをしておきましょう。

披露宴が始まったら、厳粛な空気をこわさないように主賓のあいさつに注目を。乾杯のときは、お酒が飲めない人もグラスに口をつけるのがマナーです。スピーチの間、食べるのに夢中にならないよう気をつけましょう。

スピーチを頼まれたら

話す時間は3分前後を目安に、長くならないように気をつけましょう。内容は、新郎新婦との関係を含めた自己紹介。次に両家に対するお祝いのメッセージ。そして盛り上がるようなエピソードを披露します。最後にふたりへの励ましの言葉とお祝いの言葉でしめくくるのが一般的です。

テーブルマナー

避けては通れないテーブルマナー。知っているつもりでも、意外とわからないことも多いはず。これを機におさらいしておきましょう

洋食編

洋食は一番ポピュラーな料理。婚礼以外でも活躍するのでしっかり覚えましょう。

ナプキンの使い方

飲み物や料理が運ばれてきたら、2つに折って折り山を手前にして膝にかけます。口を拭うときは汚れた部分が目に付かないように内側を使います。

テーブルセッティング

外側から順番に使っていきます。ナイフはギコギコ切らず、向こうから手前にすーっと一気に切ります。魚用なら鉛筆を持つようにするとエレガントです。

ナイフとフォークのサイン

日本では食事中は「ハ」の字、終わりは、「ニ」の字がサインです。ナイフは終始内側に、フォークは食事中は伏せ、終了すれば仰向けます。

ワインあれこれ

ワインはビールと違い、注いでもらうときにグラスを手に持ちません。また自分たちで注ぐのもNG。サービスの人に任せます。断りたいときは軽くグラスをさえぎるのがスマート。ワインは温度によって微妙に味が変わる飲み物。グラスは必ず脚の部分を持ちます。

魚料理の食べ方

ナイフ・フォークで食べにくいのが魚料理。まず半身のまわりにナイフを入れて身を骨からはずし、左側から一口ずつ口へ。魚を裏返すのはマナーに反するので、表が食べ終わると骨の両端を切り、骨をきれいにはずしてから裏も一口ずつ口に運びます。

和食編

和食のマナーは奥が深い。日本の心が反映されているのでしっかりマスターを。

懐石

最初に箸をつける「先付け」に始まり、「香の物」まで12種類登場する懐石についても知っておきましょう。

「吸物」の蓋を重ねる、「刺身」のワサビを醤油に溶くのは実はマナー違反。また、クライマックスの「揚げ物」の後に「酢の物」がでるのは口の中を酢でフラットにする役目があります。

箸のタブー

差し箸、寄せ箸、迷い箸や器の中で好物をかき回す探り箸、器に渡す渡し箸もタブーです。

立食編

2次会に多い立食パーティー。カジュアルスタイルでもマナーは大切にしたいものです。

取り分けのマナー

テーブルの前で食べたり、おしゃべりするのは他の人の邪魔になります。また、使った皿を使い回したり、料理テーブルに放置するのも見苦しいもの。サービスの人に渡すか料理テーブル以外に置きましょう。料理を山盛り取るのも控えて。

喫煙のマナー

食事中の喫煙は好ましくありません。お酒を飲むと吸いたくなる人は、料理テーブルの近くでの喫煙を避け、灰皿の置いてある端のほうで。食事中の人に煙が流れないように配慮しましょう。

Q&A

慶事と弔事が重なった場合は?

新郎新婦と故人、それぞれとの関係の深さにもよりますが、基本的には慶事と弔事では弔事を優先します。但し、身内の結婚式が一両日中に迫っている場合や、出産が迫っている時は、弔問を遠慮することが礼儀です。

急に式に出席できなくなった場合は?

すぐに先方に電話で連絡しましょう。弔事が理由の場合は「「やむをえない事情で」と言葉を濁します。挙式3日前までなら式場に変更が可能ですが、当日や前日ならキャンセルできません。代理人を立てる配慮をしたいものです。ご祝儀は後日お詫びの手紙と一緒に郵送で送ります。

直前でないと出欠がわからない場合は?

新郎新婦にも招待者の人数調整などの段取りがあります。仕事の都合など直前でないと出席できるかわからないときは、早いうちに知らせておくこと。出欠が明確でない場合は、なるべく欠席としておいた方がいいでしょう。その際ご祝儀の相場は1万円程度。現金よりお祝い品を贈ってあげた方が気持ちが伝わります。

料理やワインをこぼしてしまった場合は?

手やカバンなどがワイングラスにあたってテーブルにこぼしてしまったら、とりあえず自分のナプキンで覆い、サービスの人を呼んで対処してもらいます。料理をこぼした場合も同様。ほんの少しなら自分でさりげなく始末しますが、なるべくサービスの人にまかせます。

口に入れたものを出したい場合は?

いったん口に入れたものを出さざるを得ない時は、ナプキンで口元を隠しフォークで受けて取り出します。魚の骨と一緒に皿の端のほうに寄せておきましょう。和食の場合は懐紙に見苦しくないように包み、そっとバッグの中に入れます。

手に持っていい器は?

和食は洋食と違い、手に持つ器がほとんどです。茶碗やお椀、小鉢、小皿、どんぶりやお重は基本的に手に持っていただきます。その際、両手で持ち上げ底を支えてから右手を離します。一方、刺身や焼き魚、天ぷらなどの皿や大鉢に盛り付けられたものは卓上で箸をつけます。